相続登記にあたっては相談が重要

土地や建物のような不動産を相続により取得した場合であっても、手続きをしなければ登記簿上の所有者は亡くなった人のままとなっています。そこで相続登記をすることによって、この登記簿上の所有者を相続人のものに変更することができます。相続登記の申請にあたっては、申請書を作成することはもちろんですが、そのほかにも戸籍謄本や住民票、固定資産税評価証明書などのさまざまな書類を添付しなければなりません。こうした書類はおおむね市区町村役場の窓口で申請をして取得することになりますが、相続人全員分が必要な書類もありますので、かなりの手間がかかりますし、最初にどのような書類を取得すればよいのか調べておかないと、何度も市区町村役場との間を往復することになってしまいます。

そこで司法書士のような専門家に相談をしておくことがたいせつです。相続登記の相談をする場合、司法書士に電話するなどして予約をしておくのがよいでしょう。予約すると当日は司法書士がみずから対応してくれますので、案件の概要を説明するとともに、困ったことがあれば何でも積極的に質問をします。司法書士は不動産登記の専門家ですので、さまざまな問題にアドバイスをしてもらえます。

司法書士は相談をするだけではなく、相続登記の手続きを本人のために代行することも可能です。最初に見積もりをしてもらい、報酬としていくらかかるのかを明確にした上で、納得ができれば依頼をするのもよいでしょう。相続登記の相談のことならこちら