相続登記は司法書士に依頼するとスムーズです

専門家である司法書士に相続登記を依頼した場合、8万円から15万円ほどのコストがかかるのが通常です。依頼する手続きの量が多いほどコストが高くなるので、書類の収集などをある程度自分で行っておくとよいでしょう。ただし相続登記では様々な書類が必要になり全てを自分で集めるのは大変です。相続関係を証明する戸籍は関係する市区町村を訪れて取得しなければなりません。

被相続人が転籍を繰り返していた場合は、過去の本籍地の全てで戸籍を取得するため手間と時間がかかります。登記記録上の被相続人の住所と死亡時の住所が異なる場合はつながりを証明する書類が必要です。書類を用意できないと法務局との間で事前協議が行われることもあります。司法書士に依頼すれば書類の準備や法務局との協議などを任せることができます。

実態調査を行っている最中に、固定資産税の納税通知書に記載のない物件や共有持分が見つかることもあります。相続対象となる全ての物件について適切な手続きが行われるため、申請漏れが起こり後から手続きをやり直す手間を省けます。司法書士に相続登記を任せると古い抵当権などの担保物権を抹消してもらえるので効率的です。古い担保物権は放置すると権利関係が複雑化して抹消が困難になります。

早期に抹消手続きを行えば後からトラブルに発展するのを防ぐことができます。各司法書士事務所では得意とする分野に違いがあります。スムーズに相続登記を行いたいのであれば実績豊富な司法書士に任せるのがおすすめです。