法務局での相続登記の相談について

相続登記というのは、相続人が相続財産としての不動産を受け継ぐ場合において、その所有権を明確にするために行う登記の手続きのことをいいます。権利に関する重要な登記ですので、相続人が本当にその権利を有するかどうかを立証するために、この手続きにはさまざまな書類を添付することなっています。一例としては亡くなった人や申請をする本人を含めた相続人の戸籍謄本などが挙げられます。こうした書類を集めるだけでも素人の手には余ることがふつうですので、やはり相続登記をする前に、専門家に事前に相談しておくことはたいへん重要です。

相続に関する相談では、この手続きを円滑に進める上でのさまざまなアドバイスを受けることができますが、その窓口には法務局もあります。相続人が遺産分割協議を行う場合、弁護士や司法書士などの専門家に相談することがおすすめです。また、相続税の申告や納税に関する相談もできます。法務局は一般に、売買契約や建物の新築による不動産の取得をはじめとした、各種の登記申請の受付と実際の登記などの業務を行っていますが、相続に関する専門的なアドバイスができる場を設けていることがあります。

この場合には予約制となっていますので、まずは予約ができるかどうかをチェックしてみることです。ただし、法務局は個別具体のアドバイスにはかならずしも向いているとはいえないため、複雑な相続登記の場合には、弁護士や司法書士などの専門家に相談することがより望ましいといえます。