相続登記を放置するデメリットを知って早期に相談する

相続登記は、亡くなった人が存在する場合に必ず済ませておかなくてはならないものです。将来的には、法律的な義務化が約束されているものですので、放置することで生じるメリットはないと言っても間違いないものです。ただ、現実的な観点からはこういった相続登記の手続きをしないで放置してしまう人は後を絶ちません。これは、手間やコスト必要になってしまうため面倒に感じてしまう人が多いからです。

しかし、相続登記を相談せずに放置すると後で様々なトラブルに巻き込まれる可能性が高くなりますので、その点を理解して対処しておく必要があります。例えば、相続登記を相談せずに放置し続けるとその不動産を売却することができなくなってしまったり、抵当権を設定することも難しくなってしまいます。そもそも、所有権移転登記が終わっていない状態になりますので、当該不動産を自分の所有物であるということを証明することができなくなるからです。その結果、その不動産は法律的な観点からも扱うことができなくなってしまって、抵当権を設定することも難しくなります。

また、不動産というのは財産的な価値が存在するものであるため相続税が発生する可能性も存在します。実際に、被相続人が亡くなった時に所有していた財産の総額に対して課税されますので、これを放置していると後で大きなトラブルになる可能性を否定できません。このようなトラブルも、事前に司法書士などに相談をしておけば簡単に解決できます。将来のリスクを排除する意味でも、素早く依頼することです。