司法書士に相続登記を任せるのが最善な理由

相続登記は不動産を相続した際に行う手続きで、令和6年からは義務化されます。正当な理由が無いのに手続きを行わずに放置すると刑罰の対象になる可能性は否定できません。また、所有者を明確に示すことも困難になるので、速やかに手続きを進めることが大切です。一方で相続登記は専門的な知識が求められる他、幾つもの書類を用意する必要があるので手間がかかるのも事実です。

多忙な社会人には容易なことではないので、専門家である司法書士に任せるのが賢明でしょう。司法書士は公的な書類を作成する専門家なので、不備の無い迅速な手続きができます。また、相続人が把握していない、不動産の共有部分を書類から読み取ることができるのも専門職ならではの強みと言えるでしょう。相続登記は抵当権の抹消や住所変更の手続きを併せて行うことも少なくありませんが、一般人が手続きを行うと忘れがちなのも事実です。

その点、司法書士なら手続きの必要性の有無を正しく認識し、速やかに行ってくれるので安心して任せることができます。司法書士への依頼料金は不動産の規模や数で異なりますが、約10万円前後が平均的な相場です。複雑な相続登記の手続きを一切の不備が無い、正確な方法で行ってくれることを考えれば妥当な金額と言えるでしょう。司法書士は不動産相続や遺言書作成のアドバイスもできるので、困った時の頼れる相談相手としても活用できます。

初めて手続きを行う人や複数の物件を相続した人にも最適です。